食器棚の固定

地震で食器棚が倒れると、中の食器が飛び出して靴がないと歩くことができなくなります。避難路に食器棚があるのなら、最初に転倒防止策をしておくべきです。

syokkidana

地震の規模に応じた対策

食器棚は、転倒防止と扉のロックの2つに分けて対策する必要があります。

食器棚の転倒防止

食器棚はランスなどに比べると低いため、「つっぱり棒」では強度が不足してしまうかもしれません。持ち家なら木ネジで固定できるのですが、賃貸では壁に穴を開けるのは悩んでしまいますよね。

ネジが不要なガムロックTなら、貼り付けるだけで簡単に転倒対策ができてしまいます。


家具転倒防止器具ガムロックT

何度でも張りかえることができるので、お部屋の模様替えがあっても大丈夫です。

大地震では2回目以降の余震でも大きな揺れがきますから、2次被害が発生しそうな家具は慎重に対策してください。

陶器の食器が割れて散らばると逃げ遅れる原因にもなりますし、後片付けにも想像している以上の時間がかかります。事前に対策できることはしておくことで、安心して暮らすことができます。

食事中に食器棚が倒れてきたら、あなたなら無事に逃げ切ることができますか?

食器棚の扉をロック

食器棚の転倒対策をしても、食器に押されて扉が開いてしまうと何の意味もありません。最近では地震を感じると扉を自動でロックしてくれる道具がありますから、こちらもきちんと対策しておきましょう。


感知式耐震ロック金具 感震くん2

丸いほうを天板に取り付け、細長いほうを扉に取り付けます。内部にネジ止めするタイプなので、取り付けられるスペースがあるか確認してください。