9月の防災月間にしておきたいこと

9月は関東大震災の被害を忘れないようにと、1日は防災の日、9月は防災月間にされています。

カレンダー

防災月間にしておきたいこと

南海トラフの心配に限らず、今でも各地で大きな災害が発生しています。9月の防災月間にしておきたいことをまとめました。

防災用品の確認

日ごろから常備している防災用品を確認しましょう。具体的には次の項目です。

  1. 非常食と飲料水の消費期限
  2. バッテリーの充電と乾電池の使用期限
  3. 非常灯とラジオの動作確認
  4. 非常持ち出しバッグ類の確認

1. 消費期限を確認し、1年未満の非常食はこの機会に食べてしまい、新しいものを補充しましょう。この機会に食べておいて、調理に時間がかかりすぎる、味の好みが合わないなどの問題があれば、別の非常食も検討しましょう。

2. モバイルバッテリー類は1年以上放置する自然放電してしまい、イザというときに役に立たないことも考えられますからフル充電しておきましょう。

乾電池は数年以上の余裕があるとはいえ、毎年使用可能年数を確認したほうが安心です。

3. ランタンやライトの光量は十分か、夜に試してみて家族と話し合いをしてみるのもいいですね。

特にトイレなど、夜間に室内を移動するのに安全な明るさが確保されているかも重要なポイントです。小さい子どもは慣れていない暗がりに怖がりますから、実際に試してみるのが一番です。

ラジオやワンセグTVなどのスイッチやダイヤルは、長期間放置することで接触不良を起こすことがあります。ランタンの下で実際に使ってみて、動作不良や使い心地を試してみるのもいいですね。

4. 非常持ち出しバッグは、津波や洪水時などに持ち出す一時避難と、避難所に持っていく二次避難の2種類あるのがベストです。

バッグの中身は家族構成によって必要なものが違いますから、家族と話し合いながら毎年確認しておきたいですね。

関連記事
一時避難のバッグ

防災用品だけで1日過ごしてみる

ランタン
準備しておいた防災用品は実際に使えるのか、何か足りないものはないのかを確認するのに良い機会です。

1日に消費する食料や水の量は最低3日分まかなえるのか、食事の後片付けは問題なくできるのか、トイレは家族全員が無理なく利用できるかなど、この機会に試しておきたいことがたくさんあります。

災害時に慌てないよう、事前に準備しておきたいですね。