TODOリストを作ろう

breaker災害時には一秒でも早く避難することが大切なことですが、避難する前の数秒を使って被害の拡大を防ぐこともできます。

TODOリストを作りましょう

災害に備えてTODOリストを作成しておけば、被害の拡大を防ぐことも可能です。

なぜTODOリストが必要なのか

地震による揺れが終わってから数日経っても、次々と家屋の火災が発生しました。その多くの原因となったのが、電気のショートによるものです。

阪神淡路大震災は早朝に地震が発生したこともあり、多くの方がとにかく屋外へと避難しました。停電が発生していたため、真っ暗な中での避難だったそうです。そのため、多くの方が着の身着のまま安全な場所を探して移動を始めました。

ところが地震による揺れが終わってから数日経っても、次々と家屋の火災が発生しました。その多くの原因となったのが、電気のショートによるものです。

停電が復旧したことにより、電気配線がショートしていた場所から火花が飛んだり熱を持ったことで、木材など燃えやすいものに引火してしまったのです。ガス漏れしているガスに引火すると、火はあっという間に燃え広がります。

そのため、避難する前に少しでも余裕があれば、最低限の処置をしてから屋外に出ることが推奨されています。

TODOリストの項目

例えば大地震であれば、最初の地震から2回目の地震までには時間的な余裕があります。津波が警戒される場所であっても、避難するまでの数秒の時間は確保できるはずです。

その数秒にできることをリストにしましょう。

出口の確保 地震により建物が次第に傾くことがあるので、最初にドアを開き家の外に出るまでの避難路を確保します。ガラス片などが散らかっていることもあるので、最低でもスリッパなど足を守る必要があります。
ガスの元栓を締める 最近のガスメーターは、揺れを感じると自動でガスの供給をストップする装置がついています。そのため調理中でガスコンロに近づくことが難しければ、無理に元栓を締める必要はありません。/td>
避難袋の所持 避難袋やリュックなど、あらかじめ用意しておいた避難用品を持ちます。
電気ブレーカーを切る 電気ブレーカーは玄関付近に設置されていることが多いですから、最後にブレーカーを切って避難します。

家の中に一人でいる場合は、必ずしもこの順序で対処する必要はありません。家族がいるのであれば、指示役を決めておいて作業を分担すれば短時間で終わらせることができます。

リストを目に付きやすいところ数箇所に掲示しておけば、自然と頭に入って即座の行動につながるはずです。