大雨情報の収集

最近の大雨の傾向として突然の記録的な大雨により、家屋が浸水したりガケ崩れが発生するなど大きな被害が出ているため早目の情報収集が欠かせません。

気象庁でもこの傾向を把握しているため、レーダーによる観測結果から大雨の被害が発生しやすい地域への注意喚起を行なうようになりました。

その一つが、記録的短時間大雨情報です。

ここ数年で、テレビなどでも聞くことが多くなった言葉だと思います。

今までは広い範囲に大雨警報・大雨注意報の二つが出されていましたが、大雨が局所的に集中することが多くなったため、新しく追加された大雨に関する情報になります。

テレビではレーダーによる降雨の様子を放送しているので、赤い地域を見れば局所的に大雨になっている場所を知ることができます。

インターネットからでも、日本全国の降雨量を知ることができます。

国土交通省のサイト『川の防災情報』では、現在の降雨量と河川の水位を調べることができます。
https://www.river.go.jp/

大雨による被害が拡大しているため、行政でも行政無線を通じて住民への注意喚起を行い必要であれば避難所を早めに準備する傾向にあります。

自分の住んでいる地域が不安だと少しでも感じたら、早めに避難袋が持ち出せるように準備しておく必要があります。