防災マップ(ハザードマップ)を事前に確認

防災マップ(ハザードマップ)とは、避難が必要な災害が発生したときに安全に避難することができる指標のことです。

hazardmap
災害が発生したときに調べるのではなく事前に知っておくことで、どの方角に避難するのか・どのルートを経由すれば安全かなど、様々な情報を得ることができます。

防災マップは全国の自治体が独自に調査した結果を、パンフレットやホームページあるいは看板などで公開しています。

国土交通省では国土交通省ハザードマップポータルサイトを運営しているので、各自治体の情報を一元管理することで日本全国どの地域の防災マップも確認できます。

遠くに住んでいる家族の状況も確認でき、どの避難所に避難しているかの予測も立てやすくなっています。

国土交通省ハザードマップポータルサイト>>

最近のゲリラ豪雨による被害は、都市部では下水処理能力を超えた雨量による水害が、山間部では土砂災害などが、ニュースなどで報道されているとおりです。

災害時にはデマが、どこからともなく、まことしやかに流れてきます。

どの地域が危険で、どこに避難すれば安全なのか。これを事前に知っておくことで、デマにまどわされず自分や家族の命を守ることができます。

特に都市部の水害については、津波による被害と大雨による被害のシミュレーションを、国土交通省ハザードマップポータルサイトで詳しく見ることができます。

平地であれば大雨によって水害が発生する危険のある箇所がわかるので、どの方角へ移動すればよいかが一目で分かります。想像してみてください・・・せっかく避難した場所が悲惨な状況だったら。

地下街が発達している都市部では、災害に備えた避難経路を自治体や周辺企業の協力の下で独自に作成し避難訓練を行なっています。地下街で災害に遭遇したのなら、の店員の指示に従うのが一番安全な避難経路だといえるでしょう。

どこに移動するのに徒歩で何分くらいかかるのかといった情報を掲載している自治体もありますから、自分の住んでいる地域だけでも事前に調べておくことをおすすめします。