地震速報が変わる

平成30年3月22日から、緊急地震速報の発表方法が変わります。

新しい発表方法ではより広い範囲の揺れを予測するPLUM法が採用され、震源地から離れた地域にも緊急地震速報が発表されます。

東日本大震災では震源地が宮城県沖であったにも関わらず、関東の広い範囲で強い揺れが観測されました。しかし関東圏に緊急地震速報が発表されることはなく、関東地方では多くの人が震源地は関東だと勘違いしていました。

これを受けて気象庁は震源地では緊急地震速報を、PLUM法によって強い揺れが予想される地域には続報として発表する方法に変更します。

これまで緊急地震速報は原則として一回しか発表されませんでしたが、これからは複数回に渡って発表されることもありそうです。

近い将来、発生が懸念されている南海トラフ地震にも対応しているため、例え一回目の発表が遠方であったとしても、続報を注意深く待ち、正確な情報を入手することが必要になります。