糸魚川市の火災

2016年12月22日10:30ごろに新潟県糸魚川市の飲食店から出火し、約140棟の住宅などが全焼しました。

火事の概要

火事の原因は飲食店が鍋を空焚きさせたためとみられ、出火から30時間あまりで鎮火したようです。

現場は古い木造住宅が密集する地域で、折からの強風により飛び火したことが被害を拡大させた一因になっています。

飲食店ですから鍋には恐らく大量の水が入っていたと思われますから、かなりの長時間に渡って火をかけっぱなしにしていたのでしょう。

油に引火しての火災は時々報道されますが、鍋の空焚きによる火災は珍しいのではないでしょうか。

火事に遭遇したら

火事は一瞬にしてすべてを灰にしてしまいます。地元の消防団員に話を聞いたところ、火事は本当に恐ろしいと口を揃えていました。

火事に遭遇したら

自宅周辺で火事が発生したら、とにかく避難することが大切です。風上だから大丈夫と思っていても、いつ風向きが変わるかわかりません。

消防や警察の指示に従って、安全な場所に避難しましょう。

火災保険の重要性

いつ起きるかわからないのが災害です。すべてを失う前に火災保険についの知識を身につけておきましょう。

火災保険の種類

火災保険は大きく分けて、住宅火災保険と店舗火災保険に分けられます。最近ではマンションなどの集合住宅も増えてきていることから、共同住宅専用の団地保険も取り扱われています。

火災保険の補償範囲

火災保険の補償範囲は広く、火災による住居の損失だけでなく消火による水害や後片付けにかかる費用、風雪害による被害も補償されます。

保険会社各社では様々なタイプの火災保険を用意していますが、すべてのオプションに加入すると掛け金が高額になることが多いようです。

内容をよく確認して、必要なオプションだけを選べる保険を選択するのが、賢い加入方法だといえるでしょう。

阪神淡路大震災では火災保険に入っていたのに、火事の原因が地震の場合には補償されない種類だったため、保険金が下りないケースも多かったようです。