総務省が教える防災グッズ

総務省消防庁では地震などの災害に備えて、最低これだけは非常持ち出し袋に入れておきたい防災グッズを発表しています。

  • 預金通帳・印鑑
  • 現金(紙幣と小銭)
  • 懐中電灯
  • 電池
  • ロウソク
  • ライター
  • ナイフ
  • 手袋
  • インスタントラーメン
  • 缶詰
  • 缶切り
  • ビスケットやチョコレート
  • ペットボトルの水
  • ヘルメットか防災ずきん
  • 衣類
  • 毛布
  • 救急箱
  • 赤ちゃん用ミルクと哺乳瓶

2014年12月に作成されたリストなので、ちょっと古い感じを受けますが、消防庁ではこれ以外にも災害に限らず応急処置の情報なども提供していますから、一度目を通しておくと参考になるはずです。

総務省消防庁生活密着情報

災害に備えた情報を集めようとすると、一箇所ではなかなか集めにくいものです。消防庁は地震や台風、火山活動など様々な災害に対応していますから、幅広い知識を集めるには最適だと思います。

その中から疑問に感じたことやもっと詳しく調べたいと思うことが出てくるはずですから、そのようなときには最新の情報を集めれば効率的です。