非常持ち出し袋には下着類も

非常持ち出し袋の中身には食料や水が主になりますが、非難が中長期に長引いた場合に備えて、下着も入れておきましょう。

kutsushita
災害直後は断水が予想され、備蓄している水は飲料水として消費されますから、洗濯やお風呂に使える水は期待できないと考えてください。

下着類は軽くて場所も取らないので、一人あたり3着くらいを衣類圧縮袋に入れておくといいでしょう。

圧縮袋は布団をコンパクトに収納するためにつくられたものですが、最近では旅行者の着替えを入れるための商品が発売されています。

衣類は空気を含んでいるため収納スペースを取りがちですが、衣類圧縮袋を利用することで場所を取らずに非常持ち出し袋に入れることができます。

準備しておきたい下着類としては、シャツ・パンツ・靴下がメインになります。

家族構成や体質に応じて、冷え性な人であれば手袋やマフラーなどを加えてもいいでしょう。場所も取らずに重さも気にならない下着類を非常持ち出し袋に入れておけば、どんな季節に被災しても少しは安心できるはずです。