ウォーターバッグを準備する

被災地で一番最初に手配されるのが飲料水です。給水車が来た時に飲料水を確保する準備はできていますか。災害に備えて飲料水を事前に確保しておくことも大切です。

ウォーターバッグの準備

飲料水を確保するのに、一番適しているのがウォーターバッグです。ポリタンクを備えていらっしゃる家庭も多いようですが、使用する機会が少ないのに保管場所を必要とするのでマンションやアパート住まいでは不便です。

ウォーターバッグのメリット

ウォーターバッグは薄いPE素材(ポリエチレン)を採用しているので、丈夫で軽く折りたたみできるのが特徴です。サイズも2リットル/5リットル/10リットルなど幅広く、5リットル以下であれば女性でも持ち運びできます。

アウトドアでも活用できるので、普段はキャンプやバーベキューなどに持っていくのもいいでしょう。

ウォーターバッグのデメリット

ポリタンクと比べると、耐久性が低いのはやむを得ません。定期的に水漏れを確認するか、置き場所をとらない利点を考慮して余分に購入しておくことをおすすめします。

また熱にも弱いので、火など熱源のそばに置かない配慮も必要です。