紙でゴミ箱を作る

当たり前にあるものが突然なくなると、不便に感じることがあります。ゴミ箱も、その一つといえるでしょう。紙があれば簡単にゴミ箱を作ることができます。

ゴミ箱完成

雑誌の表紙などコート紙があれば簡易的な防水になるので理想的ですが、なければコピー用紙やカレンダーでもいいでしょう。
hako01
正方形を作ります。

hako02 hako03

半分に折って、もう一度半分に折ります。

hako04 hako05

開いて四角形を作ります。

hako06 hako07

ここで形が崩れると後々大変なので、きれいに整えます。
hako08
下から半分に折ってから一旦戻し、中心から半分に折ります。

hako09 hako10

また半分に折ってから、完全に折り返します。

hako11 hako12

裏返して、反対の面も同じように折ります。
hako13
両面ともめくります。

hako14 hako15

両側を半分に折りたたみます。

hako16 hako17

両面とも折ったら、下から半分に折ります。

hako18 hako19

もう一度半分に折ってから、完全に折り返します。

hako20 hako21

両面とも折ったら、開いて完成です。

hako22 hako23

一応これで完成なのですが、長期間使うには強度が足りないので、もう一手間くわえてみましょう。

固定されていない片を図のように折り込むと、形が崩れにくくなります。

hako24 hako25

避難が長期間になると、ビニール袋やレジ袋などゴミを一時的に入れておくものが不足します。大きめの紙が手に入るのなら、このようにゴミ箱を作ってみるのはどうでしょうか。