火を使わず非常食を簡単に温める方法


被災によって避難中であっても、温かい食事を食べれば少しでも気分的に安らぐものです。ガスボンベを準備していなかったりガスボンベを使い切ってしまったときでも、温かいご飯が食べられる方法を紹介します。

非常食を温める2つの方法

今回は火を使わないで非常食を温める2つの方法を紹介します。火を使う方法に比べて温めるのに時間はかかりますが、調理中に食材を見守る必要はありません。

段ボール箱や発泡スチロールのトロ箱を利用することで、熱を効率よく食品に伝えることができます。

アルファ米やレトルトご飯、カレーや親子丼などのレトルト食品など、非常食を使って温かい食事を食べたい時に活用してください。

アウトドア用の発熱材を使う方法

アウトドア用品として開発された発熱材なら、水を用意すれば15分から20分で食品を温められます。湯気が出るほど水温が上がるので、非常食だけでなくスープなどの簡単な調理も可能です。

ちなみに、水は海水以外なら水道水はもちろん、池や川の水、お茶など大抵の水分が使えます。ただ、私たちは食品を温めるのが目的なので、清潔な水を使ったほうがいいですね。

アウトドアで使うことが前提なので、小型で軽く保管場所に悩むこともなく、多めに用意しておけるから安心です。登山をする人たちにも愛用されているようなので、実用性も十分といえます。

お弁当を温めるのに生石灰を使った発熱方法がありますけど、それの約10倍の熱量があるので、短時間で食卓の準備ができます。

使い捨てカイロを使う方法

簡単に手に入る季節は限られますけど、ホッカイロなどの使い捨てカイロも立派な発熱材です。昨シーズン買い置きして余ったものがあれば利用しましょう。

カイロと食材を密着してバスタオルでグルグル巻きにすれば、効率よく非常食を温めることができます。缶詰など厚みのある食材なら、10分くらいでひっくり返せば早く温まりそうですね。

カイロの温度は最高60℃から平均50℃と低いので、食材を温めるのには時間がかかりますけど、他に温めるものが無ければ便利に使えます。

まとめ

火を使わずに非常食を温める方法について紹介しました。いざという時に備えて、食材ごとに温められる時間を記録しておけば、温める順番などが分かっていいのではないでしょうか。

7日分の非常食セット

非常食をご飯やおかず、おやつ・・・と個別に選んで購入しようとすると、種類が偏ったり数が足りなかったり思ったより保存場所が広くなったりするものです。また諸費期限も管理しなくてはいけないので、途中でうんざりしてやめちゃった・・・なんてことにもなりかねません。

このような購入と管理の手間を省力するのに利用したいのが、防災ショップが組み合わせた非常食セットです。消費期限が近い食品をセットにしてくれるので、食品ロスも発生しにくくなっています。

献立例もしっかり準備されていますから、イザというときにもカロリーや栄養素の偏りが少なくて安心できます。

あんしんの殿堂防災館がおすすめするセットは7日分35種類63アイテムが含まれていて、1日平均約1650kcalの食事が摂れるように考えられています。すべて食器やスプーンがなくても食べられるものが選ばれていますから、後片付けで水が必要になる心配もありません。